保証と鑑定機関

Certificate 本物のダイヤモンドを。それがWAKO BRIDALからの約束

本物のダイヤモンドを。それがWAKO BRIDALからの約束

鑑定書

鑑定イメージ

確かな品質を保証する、2つの大切な証明書
ダイヤモンドの品質評価は外部の宝石鑑別団体協議会(AGL)加盟機関の判定と自社の宝石鑑定士がダブルチェック。
WAKO BRIDALは国際的に使用されているGIA(米国宝石学会)の英文鑑定書と株式会社和光の品質証明入りオリジナルグレーディングレポートを発行しています。
※商品によっては、どちらか一方のみの場合がございます。

GIAグレーティングレポート、オリジナルグレーティングレポート

世界で最も信頼のおける鑑定機関GIA(USA)を使用

GIA(USA)

GIAと日本の鑑定機関の違いは何でしょうか?
日本の認定機関は国内だけで知られているだけで、GIA(USA)は世界的に認知され、使われている世界唯一の認定機関だからです。 また、鑑定においての厳正さも違いがあります。GIA(USA)は、一人の鑑定士が一日に鑑定するダイヤの数をあらかじめ決め、時間をかけて鑑定しています。だから厳格適正な鑑定が行えるのです。そして非営利団体であることから、どこからの影響を受ける事無く完全なる第三者による鑑定が出来るのです。そのため世界の一流ブランドのハリー・ウィンストンやカルチェ等また有名オークション(クリスティーズ・サザビーズ)もGIA(USA)に鑑定を依頼しています。 GIA(USA)はダイヤモンドの鑑定機関として最高水準と高く評価され、世界中で信頼されています。
宝石鑑別団体協議会(AGL)とは
宝石業界の健全な発展と消費者保護に貢献することを目的として、鑑定・鑑別を主要業務とする法人または個人が、全国より参集。共通課題の協議、課題解決のための調整、研究、情報交流を行い、その成果の普及指導を担う我が国初めての実践的な組織です。

レーザー刻印

あなただけの識別番号で、もしもの時も安心
WAKO BRIDALでは、ダイヤモンドにロゴとIDナンバー(個体識別番号)をレーザーで刻印します。IDナンバーは紛失や盗難のあった場合、お客さまの所有権を証明します。刻印は、10倍に拡大しなければ読み取れません。また、ダイヤモンドの透明度などには影響しません。
鑑定書と一緒に、「ダイヤモンド レーザー刻印 証明書」をお付けいたします。

ダイヤモンドレーザー刻印証明書(ガードル部分に鑑定書番号が刻印)

ダイヤモンドとGIA(USA)鑑定書が同一である証
ダイヤモンドの側面には、鑑定書と同じシリアルナンバーがレーザーでマーキングされているので、鑑定書とダイヤモンドが同一である証となります。いつでも自分のナンバーの確認をしていただけます。 またマーキングはガードルと呼ばれるダイヤモンドの一番外側の面なので、輝きには全く影響はありません。

ハート&キューピット

Heart & Cupid「ハートと矢が現れる、最高級カットの証」
「トリプルエクセレント」のダイヤモンドには、8つのハートと8つの矢が現れます。これをHeart&Cupid(ハート&キューピッド)と呼び、H&Cと表記します。これは、プロポーション(形)と対称性(シンメトリー)が非常に優れているダイヤモンドの証です。
WAKO BRIDALでは、その証明として「ハート&キューピット証明書」をオリジナルで発行しております。

ハート&キューピット証明書

来店予約はこちらから 0120-056-566 営業時間10:30~19:30[水曜定休]

オンライン予約はこちら

このウェブサイトを友だちに伝える


結婚指輪・婚約指輪・ブライダルリング ブライダルジュエリーONLINE SHOP